学費と学生生活

学生納付金(変更の可能性があります)

入学検定料 ……………………10,000円
入学金 …………………………80,000円                                                                    

【国内研修-9ヶ月間】
授業料………………………700,000円
実験実習費………………… 260,000円
寮費…………………………270,000円(3万円/月 × 9ヶ月)
食費…………………………270,000円(3万円/月 × 9ヶ月)※月ごとの分割納入可

合計 ………………….1, 590,000円                                                              

【アジア・インターンシップ・プログラム-50日間】
海外渡航費 …………………120,000円(変更の可能性あり)
プログラム費 ………………120,000円
宿泊・食費 …………………..50,000円                                                                                 

合計 ………………………..290,000円                                                  

納付金合計 ………………1,880,000円

納入方法

入学金納入期限【各次合格発表後7日以内】 納入額: 80,000円
前期納入期限【2016年 4月1日】 納入額: 795,000円
後期納入期限【2016年10月3日】 納入額: 795,000円
インターシップ費用の納入方法は、卒業時にお知らせします。

学生生活案内

【全寮制】
アジア、アフリカ、大洋州、中南米各国から派遣されてきている学生と生活を共にすることを基本にしていますから、4月から12月まで寮生活をしていただきます。男子寮、女子寮とも二人一人部屋。手洗、シャワー室は共同です。ベッド、寝具、洗濯機、アイロンなどは備えられています。

【学院の生活共同体】
学院はアジア、アフリカ、大洋州、中南米の学生、皆さんのような日本人学生、それに職員だけで構成しているのではありません。学院は毎年10人前後の「ボランティア」の人達を受け入れ、学院の家畜や作物の世話から事務に至るまで、助けていただいています。この人々も学生と同じ寮で暮らし、食事も一緒です。アジア学院での勉学は、このような多様な人々との生活共同体を基盤にしていることを理解して下さい。

【休日】
11ヶ月間(4月〜2月)で一年分の課業を終えるよう年間のカリキュラムが組まれていますので夏休みはありません。また、日曜、国民の祝日は休日ですが、土曜は半日課業があります。従って、11ヶ月間は特別な事情がない限り帰郷する余裕がありません。ご理解下さい。

【食事】
毎食、学院の食堂で共同の食事をします。食事作り(昼食を除く)、後片づけも当番制で学生とボランテイア、職員が担当します。学院で生産される食材を基本にしており、多様な食文化の人々に合わせようとしていますので、通常の「和食」は提供できません。日曜日の昼食だけは、各自で外食または買っていただくことになります。

【日課】
朝6時半のラジオ体操に学生、ボランティア、職員全員が参加して日課が始まります。午後6時に夕方の農作業が終わり、夕食で一日が終わります。その後は原則的に自由です。但し、当番制で、午後9時30分に夜のキャンパスの見回りをします。

【宗教】
アジア学院はキリスト教精神を基として、設立、運営されています。従って、アジア、アフリカ等のキリスト教会、キリスト教団体から派遣されてくる学生が7割くらいになります。しかし、色々な宗教の人々の信仰を尊重していますので、イスラム教、ヒンズー教、仏教の学生もおります。「朝の集会」では聖書が読まれたり、祈りが捧げられたりしますが、是非いろいろな宗教を尊重して下さるよう、また、キリスト教に理解を示してくださるようお願いします。

【アルバイト】
学期中はアルバイトはできません。共同生活が続き、休日も少ないので、時間的余裕がありません。それとともに、アジア、アフリカの人々にとって、モノ、カネの豊かさは常に大きな誘惑ですが、貧しい農村の人々と共に生きることを目指していますので、質素な生活にみんなで努めることを大切に考えています。

【英語】
学院は多言語共同体です。職員も日本人ばかりではなく6カ国の国籍の人たちがいます。学生、ボランティアを含めると20ヵ国を超える国籍の人々が集います。従って、英語を授業や日常の言語としています。職員も学生も、全員が英語の達人であるわけではありませんが、英語の能力は絶対に必要です。入学後、必要であれば日本人学生のために特別な英語学習コースを設けますが、今から、英会話の勉強を始めることを強くお勧めします。英語ができて困ることはありません。

【学院の位置】
東北本線(宇都宮線)西那須野駅から約4kmに位置しています。スーパーマーケット、コンビニエンスストアまで約2kmです。学院では各学生に自転車一台をお貸しします。自家用車の持ち込みはご遠慮いただきます。