パネルディスカッション「変革を起こす研修」開催のお知らせ

上智大学比較文化研究所の主催でアメリカFetzer研究所助成によるアジア学院研修評価の発表会(An evening with the ARI)が4月28日(火)午後7時~9時に上智大学四谷キャンパスにて行われます。この調査は2013年から2年の歳月を費やしてアジア学院の卒業生、現役学生、職員、ボランティアへのインタビューやアンケートを通じて行われたものです。
40年のアジア学院の研修事業の歴史において、このような形で外部の方による客観的な研修評価が行われたのは初めてのことです。
その要望は長い間ありましたが、なかなか機会に恵まれませんでした。
今回上智大学のリチャード・ガードナー教授のご推薦により、アメリカのFetzer研究所の研究事業としてアジア学院の評価事業が採択され、日本在住のNGO/NPOコンサルタントとして経験豊なセラジーン・ロシート氏によって実施されたことは幸運なことであり、また大きな喜びです。
このイベント(午後7時~9時)は一般の方々を対象としており、英語で行われます。

「アジア学院の研修プログラムはいかに個々人の価値観に影響を与え地域社会に変化をもたらすか」

● モデレーター
ディビッド・H.スレイター教授 比較文化研究所(ICC), ディレクター
上智大学国際教養学部(FLA)

● パネリスト
荒川 朋子, アジア学院校長
セラジーン・ロシート、NPO/NGOコンサルタント
ザチボル・ラコー(インド)アジア学院卒業生, 給食コーディネーター
ティモシー・B・アパウ, (ガーナ)アジア学院卒業生, 共同体生活・チャプレン

● コメンテーター
リチャード・ガードナー教授 上智大学国際教養学部(FLA)

日時

4月28日(火)19時~21時(18時45分開場)

場所

上智大学四ツ谷キャンパス10号館3階301会議室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

言語:英語(通訳はありません)
定員:100人・無料 ※参加予約は不要です。
対象:学生、教育関係者、NPO/NGO関係者のほか、テーマに関心のある方。

問い合わせ先:sarajean.ari@gmail.com

■主催
上智大学比較文化研究所(ICC) http://icc.fla.sophia.ac.jp/

■詳細はこちら(英語)
Fetzer Study flier (front)
Fetzer Study flier (back)