冬期特別「NGO人材育成集中研修」 受講生募集

日本国内で「真の開発学を学ぶチャンス!」

アジア・アフリカ農村地域での「草の根開発」を志す人材の育成を目的とし、現場の臨場感に触れ、知識+行動力+感性を養う3週間の短期集中カリキュラム!

研修期間:2017年2月6日 〜 2月25日 [3週間]

最大10名の少人数クラスなので、互いに意見を交換しあい学びあえる仲間と出会えます。土に触れ、生き物に触れる充実した実践学習を中心に、アジア・アフリカのネイティブ講師陣とともに真の「開発」について考えを深めていきます。英語による授業も豊富なので語学力がUP! 青年海外協力隊 OB・OGによるケーススタディなど、実際の現場で役立つ知識を得られます。

カリキュラム

  • 有機農業基礎・実習
  • 地域資源の活用
  • サーバントリーダーシップ
  • ケーススタディ(NGOの現場 – アジア/アフリカ)
  • ディスカッション「開発とは何か?」他
  • プレゼンテーション

<カリキュラム詳細PDFダウンロード>

 

講師陣

timoティモシー・アパウ

アジア学院宣教師

ガーナ生まれ。1997年にガーナバプテスト神学校を卒業。2001年度アジア学院農村指導者養成研修に参加。帰国後、牧師として自らの農場を耕すほか、地域の農村開発に携わる。特にHIVエイズ患者や家族の支援、マラリアの撲滅運動などに関わる。2007年度アジア学院研究科を経て2008年度よりアジア学院宣教師として、チャプレン兼養鶏担当職員に。

 

yukiko大栁 由紀子

アジア学院副校長・教務主任

国際協力を志し、東京農業大学国際農業開発学科で学ぶ。卒業後、青年海外協力隊(職種:野菜)に参加、南太平洋のサモアへ就任。任地で有機農業とリーダーシップの重要性を痛感し、同時に自分が直接技術指導をするのではなく、他者を教育することを目指すこととなる。2001年よりアジア学院へ。現在、副校長・教務主任。

 

応募方法

【応募資格】 将来国際協力を志す18歳以上の方
【応募締切】 2017年1月20日(または定員に達し次第締切)
【募集人数】 10名(最小催行人数5名 ※募集定員に達しない場合は中止となる場合がございます。)
【受 講 料】 授業料 一般 ¥100,000 学生 ¥85,000
寮費・食費(全寮制) 一般 ¥60,000 学生 ¥45,000
【申込方法】 申込書(NGO人材育成集中研修申込書2017feb)をダウンロードし、以下のメールアドレスへ送信ください。
【お問合せ】 学校法人アジア学院(山下)TEL: 0287-36-3111 nsh@ari-edu.org

お申込者向けのご案内を公開しました

※ 会場までの交通費は各自負担してください。(JR那須塩原駅⇔アジア学院無料送迎あり)
※ 欠席/中途退学しても返金はありません。
※ 審査合格通知お受け取り後の参加キャンセルは、開催日の15日前(1月23日)以降よりキャンセル料が発生します。