職員募集 – 畜産部門

アジア学院では畜産部門で職員を募集しています。興味のある方、どなたかを推薦してくださる方は至急アジア学院までご連絡ください。

職務内容

  1. アジア、アフリカ、南米などから招聘した農村で働くリーダーの養成。
  2. 農場職員の一員として、食堂、野菜作物、販売担当職員と密に連絡を取り、小規模有畜複合農業(豚、鶏、山羊、魚、飼料作物栽培、森林管理等)を実践し、自給自足のために農畜産物を供給する。
  3. 豚肉、卵、ソーセージ等の農畜産物の販売に携わる。
  4. 学生に有畜複合農業や家畜飼育の授業を英語で行う。
  5. 学生研修旅行の引率を行い、研修を組み立て実施する。
  6. 3~4名の学生を担任し、学生コンサルテーションを行う。また担任学生の卒業レポートの指導をする。
  7. 学生の研修を支える日本人や欧米のボランティアと共に家畜飼育管理を行う。
  8. 冬場、学生の国に現地視察、卒業生調査、研修旅行などを行うこともある。

資格・経験・条件

  1. 年齢25歳~45歳で、長期に働ける方を優先
  2. 普通自動車免許。(大型特殊(トラクター等)や中型免許があると望ましい。後日取得可。
  3. 海外で国際協力の実務経験が有る者。養鶏、養豚、養山羊、養魚などの家畜飼育の実践経験があることが望ましい。
  4. 異文化や様々な宗教を理解する姿勢があり、キリスト教に理解のある者。
  5. 英語を話せる者(日常会話、英語で授業ができるレベル)。
  6. 大学農学部・畜産学部や農業の専門学校を卒業した者が望ましい。
  7. 教員免許があるとなお望ましい。

待遇

  1. 給与については、公立高校の教員に適用される俸給表を参考にしたアジア学院独自の給与表によります。
  2. 福利厚生:私立学校共済の健康保険、厚生年金に加入
  3. 手当:家族手当、住宅手当有り

応募方法

*事前の見学・滞在を歓迎いたします。

  1. 締め切り: 2020年6月30日(提出書類必着のこと)
    • 提出書類 
      • 市販の履歴書に必要事項を記入したもの
      • 志望の動機をA4版2ページ以内にまとめたもの
      • 適当な第三者からの推薦状1通
  2. 面接の日時については追って連絡。
  3. 採用時期:2020年4月1日以降随時(応相談)

問い合わせ先

担当:事務局長 佐久間郁 (0287-36-3111 / kaori_sakuma@ari-edu.org)