2020 クリスマス特別献金のお願い

今日からいよいよ12月が始まりました。

今年は年明けから新型コロナで世界が一変しました。その中で何とか普段の生活に近い日々を送れた方もいれば、大きな悲しみや困難に直面した方も多くいました。 その 1 年もあと少しで終わりを迎えようとしています。

今年のアジア学院の学生たちは 12 月 12 日の卒業式後、大きな夢を胸に母国へと帰っていきますが、 アジア学院で学んだことは、 困難や混乱の時にこそ発揮され、愛に基づくリーダーシップは彼らの地域や人々を必ず良い方向に導いてくれるものと信じています。

この時期みなさまにお願いをするクリスマス献金は、人々のために働くことを願う草の根のリーダーを来年もまた迎え入れるための重要な財源となります。
コロナ禍の中にあってもクリスマスを迎えられることを共に喜び、その喜びがさらに大きく広がるように、どうかアジア学院の活動に皆様の願いと希望を託してください。

クリスマスの喜びが、みなさまの上にありますように。

2020年12月
学校法人アジア学院 理事長  星野 正興
アジア農村指導者養成専門学校 校長  荒川 朋子
アジア学院サポーターの会(ARISA)代表  佐藤 範明