使命と歴史

アジア学院の使命と目的

アジア学院の使命は、イエス・キリストの愛に基づき、
個々人が自己の潜在能力を最大限に発揮できるような、
公正且つ平和で健全な環境を持つ世界を構築することにあります。

この使命の実践に当たって、私たちは、
共に分かち合う生き方を目指して、
農村指導者の養成と訓練を行っています。
主としてアジア、アフリカ、太平洋地域の農村共同体に生き、
働いている男女の指導者たちが、
毎年職員やアジア学院に集うその他の人々と共に
学びの共同体を形成します。

この共同体に根ざした学びを通して、
私たちは農村の人々が地域で自分たちの持っている
地域資源や能力を共通の目的のために分かち合い、
活用する最善の方法を見出してゆくのです。

アジア学院は、
食べものといのちについての独自のアプローチによって、
我々自身と全世界に問いかけを続けていきます。

アジア学院のモットー:共に生きるために

歴史

1973年、鶴川学院農村伝道神学校(東京都町田市)の東南アジア科を母体として、現住所に設立。

東南アジア諸国で、すでに農村開発に携わっていたキリスト教会とキリスト教団体の要請に応えて、欧米のキリスト教会と援助団体の支援を受けて、途上国の農村開発に携わる専門職員を養成する国際機関として発足しました。

1996年以来、将来途上国で働くことを志す日本人も「学生」として積極的に受け入れています。

受賞歴

1985年6月 G・デブリーズ、アメリカ合同教会よりアントワネット・ブラウン賞
1988年3月 高見敏弘、下野県民賞
1988年7月 アジア学院、国際交流の推進尽力により、外務大臣表賞
1994年6月 高見敏弘、吉川英治賞
1996年8月 高見敏弘、ラモン・マグサイサイ国際理解賞
1998年4月 栃木県経済同友会より、社会貢献活動特別賞

2001年9月 第13回毎日国際交流賞
2001年11月 アジア学院が行っていたネグロスでの地域総合振興事業が、
国際協力フェスティバルで「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる
2006年10月 アジア太平洋フォーラム・淡路会議第5回井植記念「アジア太平洋文化賞」
2008年4月 日本エキュメニカル協会より、第14回功労賞
2009年2月 2008年度朝日社会福祉賞