創設者 高見敏弘 先生

高見敏弘 (たかみ としひろ)牧師
創設者・名誉学院長

九州からの満州移民として、1926年に現在の中華人民共和国東北地区(旧満州)撫順に生まれる。10歳の頃、貧困のため一家で京都府北部に移住。小学校卒業と同時に京都の禅寺に預けられ、修行をしながら旧制中学校に通う。第二次世界大戦の末期に、約3ヶ月間旧海軍電波学校に学び、敗戦とともに舞鶴の家に帰る。数年に渡り行商、塩焚き、港湾労働、日雇労働等を続け、奇縁に恵まれて米国人宣教師のコック兼手伝いとなる。

1951年秋、日本基督教団甲東教会(西宮市)で洗礼を受け、翌1952年秋、機会に恵まれて米国ネブラスカ州ドーン大学に留学、その後米国コネチカット大学神学院、エール大学神学部等で学び、多くの人々の善意に支えられて前後8年間勉学に努める。

帰国後、新聞社、教会等で働き、1962年7月に信子と結婚、二男一女を授かる。 これまでの経験を生かして、1962年より途上国を中心とする「食」の課題に取り組む農村リ-ダ-育成の仕事に携わり、1973年春学校法人アジア学院・アジア農村指導者養成専門学校を創設、学校長および理事長に就任。1993年に名誉学院長に就任し現在に至る。

 

受賞歴

栃木県教育委員会より社会教育功労賞受賞
文部大臣より社会教育功労賞受賞
外務大臣より国際協力功労賞受賞
下野新聞社より下野県民賞受賞
第28回吉川英治文化賞受賞(1994年度)
ラモン・マグサイサイ賞受賞(1996年度、平和・国際理解部門)