米国合同メソジスト教会がアジア学院での宣教師を記事で紹介

アメリカの合同メソジスト教会のウェブサイトに、アジア学院に〈グローバル・ミニストリーズ〉宣教師として派遣されているジョナサン・マッカーリー氏が記事で紹介されました。 記事へのリンク(英語): Missionary Exc … Read more…

コイノニア棟・教室棟奉献式

去る9月22日(土)、コイノニア棟・教室棟の奉献式~故丹羽章前理事長を覚えて~を、新築なったコイノニア棟で行いました。この式には、丹羽章前理事長の長男証さん及び長女みぎわさんも家族と共に出席くださいました。また外部から1 … Read more…

フィリピン人学生ウィルソンさんが無事アジア学院に戻りました。

先月フィリピンに帰国した学生、ウィルソン・ディカグ・イグナシオさんが、無事アジア学院に戻りました。 イグナシオさんの奥さんが病気で亡くなられたせいで彼は緊急に帰国し、葬式に出席しなければなりせんでしたが、アジア学院の研修 … Read more…

フィリピン人学生の帰国のお知らせ

本年度学生ウィルソン・ディガグ・イグナシオさんが、奥さんの危篤の知らせを受けて、9月9日朝の便でフイリピンに急遽帰国いたしました。原因は、奥さんの糖尿病悪化によるものです。ウィルソンさんの今後の研修の継続については現在未 … Read more…

高見敏弘氏がNPOシャプラニール40周年記念式典に参加する予定

2012年9月1日(土)に早稲田奉仕園内に行われる特定非営利活動法人シャプラニールの誕生を祝う式典に、その前身となった元バングラデシュ農業復興奉仕団・団長であり、アジア学院の創設者である高見敏弘氏が出席する予定です。 詳 … Read more…

チタケの線量が3,700ベクレルを超える ・ ABCからの緊急ニュース

ABC(アジア学院ベクレルセンター)が8月3日に、地域で人気のあるチタケきのこ(チチタケ・乳茸・Lactarius volemus)の放射能汚染を測定する際に、非常に高い線量を発見しました。 対象物の2012年産チタケ( … Read more…

8月11日(土) 「Green Oil Project 情報交換会」 開催

有機農業による原発被災地の農業再建の可能性 — 国産有機農産物の植物油づくりの今日そして明日 . グリーンオイルプロジェクト交流企画 一般社団法人グリーンオイルプロジェクトは、放射能で汚染された田畑で「大豆、ひまわり、な … Read more…

高見敏弘氏、イェール神学校卒業生賞受賞に決定

アメリカのイェール大学イェール神学校ではアジア学院創設者高見敏弘氏に (優れた業績を残した卒業生に贈られる) 2012年度卒業生賞(Alumni Award)を授与することを決定した。高見氏が出席出来るよう、この賞の授与 … Read more…