サポーター会員になる

1)マンスリーサポーター(継続的に毎月寄付をする)

ご自由にお決めいただいた金額(1000円~)を、月々自動振替によって継続的にご協力いただくサポーターです。季刊誌『アジアの土』を購読することができます。

クレジットカード

2)イヤリーサポーター(継続的に毎年寄付をする)
ご自由にお決めいただいた金額(6000円~)を、毎年自動振替によって継続的にご協力いただくサポーターです。季刊誌『アジアの土』を購読することができます。

クレジットカード

3)気ままに寄付
ご自由にお好きな時にご寄付下さい。

クレジットカード

寄付控除について

アジア学院への寄付・募金には税金の優遇措置が受けられます。
アジア学院へのご寄付(募金)は、申告によって、所得税、法人税、相続税の優遇措置の対象となります。(寄付金をすると税金が戻ってきます)
寄付控除(所得控除・税額控除)についてはこちらのページをご覧下さい。
.

学生たちはどうやってアジア学院にやってくるの?
アジア学院に来る学生は、自分の村や地域でリーダーとして活動している人たちです。

何千キロも離れた国の人々が、どうやって日本のこの小さな学校を見つけるでしょうか?

40年近くに亘り、アジア学院は世界中に広がる草の根の人々や団体とネットワークを築きあげてきました。卒業生の関わる団体の紹介、教会、NGO、知人の紹介など、知るきっかけは様々です。

ある学生は、村を出て自国の空港に着くまで山を越え川を渡り、1週間近くかかる方もいます。アジア学院を通じてでなければ恐らく出会うこともなかった者同士が、共に生活し、持続可能なコミュニティを築き、持続可能な農業をしながら学んでいます。

毎年約30名の農村指導者たちが、アジア学院で9ヶ月間の研修を受けています。帰国後は、アジア学院で学んだことを活かし、循環型農業の推進やモデル農場の設立、難民のための支援訓練センターや女性のための訓練センターの運営など、様々な分野で活躍しています。