長期ボランティア

長期ボランティアとは、日本人は90日以上、外国人は60日以上アジア学院に滞在しながら、スタッフのアシスタントとしてアジア学院の運営をサポートしてくれる人のことです。さまざまな国籍の人々と共に生活してみたい、働いてみたい、と考えていらっしゃる方には、アジア学院のボランティアとして活動に参加していただくことをお勧めしています。

私たちは、農作業等の労働に喜びをもって参加いただける人材のみならず、ご経験や技能、また音楽や個々人の思想を共有していただける方を必要としております。環境に配慮した、健全で公平で平和な世界を築くという目的をご理解・共有いただける方は、どうぞアジア学院の長期ボランティアにご応募ください。

>>2017年度 長期ボランティア募集開始!

長期ボランティアはアジア学院という共同体のなかにおける大切な存在です。学生や職員とともに成長し労働を共有する役割を担っています。常時、日本国内外から集まるおよそ10~12人の様々な年代の人々が、60日(海外国籍の方。日本国籍の方は3ヶ月)から1年間、長期ボランティアとしてアジア学院に滞在します。キリスト教の方であればエキュメニカル活動の実践の場として、またすべての宗教、民族、職業、あらゆる社会的背景を持った方々にとっても共に学び、働く場として最適な環境といえます。

 

⇒長期ボランティアに応募する


長期ボランティアした方の感想

長期ボランティアがするお仕事

2017年度担当セクションおよび業務内容一覧(word)