長期ボランティアご応募に際して

2017年度の長期ボランティア申込を受け付けております!
(2017年3月中旬~2018年3月)


期ボランティアは、アジア学院の共同体を構成する一員となり、アジア学院の運営に関わる日常業務のお手伝いをします。ボランティアの方々は、アジアやアフリカにおける農村の指導者を養成する事業に貢献することを念頭に、学生や職員と生活や労働をともにします。食と命を重んじるシンプルな生活、また謙虚に労働に勤しむことを通して、かけがえのない発見を見出すことができるでしょう。

その上で、ボランティアのみなさんには、いわゆる農場などでの肉体労働や、文化の異なる人々と生活するうえで生じるさまざまな問題に積極的に取り組む姿勢を心がけていただきます。ボランティアとしてさまざまな人々が集う共同体に属し共に生活します。同時に支援する側としてアジア学院の活動全般に奉仕します。そうした点から、自分自身のことよりも他者が必要としていることに応じる心構えが肝要となります。

このような労働や質素な生活を主とする条件下にあっても、ボランティアたちが手にする喜びは何ものにもかえがたい、すばらしいものです。この国際色豊かな共同体に対し大きな影響力を持ち、また友情によって築かれる関係は、いかなる困難にあっても、その倍以上の喜びを含むといっても過言ではありません。現時点ではアメリカ、カナダ、イギリス、デンマーク、ドイツ、オランダ、スペイン、韓国、シンガポール等から、18歳から70歳まで、男女問わず受け付けています。

ボランティアはどんなお仕事をするの?

<2017年度の担当セクションおよび業務内容一覧はこちら(word)>

費用

アジア学院では60泊以上(日本国籍の方は3ヶ月以上)ご滞在の長期ボランティアの方に対し、食費として月30,000円をお願いしておりますが、食費補助制度もございます。ご希望の方は別途お問い合わせください。また、日曜のお昼はございませんので予めご了承ください。移動の費用もボランティアのみなさまにご負担いただいております。アジア学院滞在中は自転車をご利用いただけますが、修繕などの予備費として使い始める際に100円を納めて頂いております。(最寄の駅までは自転車で15分です。)

Web Gallery-Foodlife

-ボランティア活動の後の進路は?

就農される方、社会福祉法人や会社にお勤めになる方、青年海外協力隊に参加する方などさまざまです。
価値観を共有する仲間との出会いにより、新しい生き方を発見できるという点では、大変有意義な経験となります。

申し込み方法

ボランティア申込書をダウンロードし、ご希望の担当セクション等必要事項を記入の上、以下宛先に送信ください。また、郵送での応募を希望する場合はこちらから申込書を送りいたしますので、封書にてご提出ください。また長期間、健康面で支障なく生活を送れるか否かを把握するため、事前に最寄の病院にて健康診断を受けていただきます。健康診断書は申込書と共にアジア学院にいらっしゃる前にご送付ください。また、着任頂く担当セクションにつきましては、応募者数やアジア学院でのニーズなどを勘案し決定となりますので、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

尚、外国の方については、ビザ発給に関してアジア学院が身元保証となりませんのでご了承ください。

ダウンロードファイル:ボランティア申込書(word)

※応募者多数の場合、お断りさせて頂く場合がございます。

 

その他

– アジア学院でのボランティア期間につきましては、3月15日頃の開始より12ヶ月までの方を優先し、ご希望に添えない場合は受け入れできないことがございますことをご了承ください。

– 開始の日時等の詳細は、追ってボランティア担当職員が調整させて頂きます。お気軽にお問合せください。

担当:  山下 崇
nsh@ari-edu.org
329-2703
栃木県那須塩原市槻沢442-1
tel: 0287-36-3111